とにかく好きを詰め込む場所。

刀ミュ有難う人生 / 2.5次元で活躍する推しを追いかける記録たち

舞台 刀剣乱舞 ~義伝 暁の独眼竜~

 

つい先週7月14日のマチネ公演を観劇してきました。(大千秋楽が福岡って知った時チケット取れねえよ~~と思ったので、びびってマチネを取りました。勿論その後ライブビューイング見ました)

 

f:id:ka0000:20170724232430j:image 

 

今回観劇しての一番の感想としてはステージ豪華になったな?!?と思いました(笑)前作の燃ゆる本能寺は再演のDVDを購入して観たのですが、ミュばっかり夢中で観てたので狭くてステージの代わり映えもないところに衝撃を受けたので…(すみません)今回はステージは広いし木は生えるし(?)ステ本丸の縁側はでてくるし屋根には座れるし、キッチンは出てくるし屋台は出てくるしでもうびっくりしました。それだけでも楽しい!よかったねほんと…!

 

 

内容としては伊達組メインでわちゃわちゃと笑うポイントが盛りだくさんでさすがだなと思いました。ステでは光忠が好きだと思っていたのですが数日前から鶴丸国永がむしょうに気になりだすという病気にかかった(?)ので、ぶっちゃけ鶴丸を目で追う回数が多かったです。

 

というか?!鶴丸は声がキレイに通るし一言一言聞き取りやすすぎて驚きました…声めっちゃキレイ…ステは歌もほぼないしダンスもないし、お芝居と殺人シーンでキャラクター魅せてる感じがあるけど、本物すぎてほんものでした(貞ちゃんはいないので分かりません!!!)

 

 

鶴丸の声のきれいさに驚いたのと、いい意味で歌仙兼定のイメージがわたしの中で変わりました。完璧なわたしの中の歌仙は物静かで争いごとは好きではない、声を荒げることもないし平和主義みたいな感じだったのですが、争いごと嫌いかもしれないけど戦う時の剣の振り方は力強いし重心は低いし、大声もだすし、なによりめっちゃ強気というか頑固的な感じがあって、リアクションとか嫌味っぽく返答するところとか、、めっちゃ好きになりました。(誤解してたのかもしれないごめんね歌仙)

 

 

観劇中に息をのんだシーンはもちろん伊達組が中傷ではだけはだけで出てきたところです。ネタバレ等一切見てなかったので単純に「聞いてないよ?!」となりました。ありがとう。ただ気持ちの準備ができてなかったせいで直視できなかったのが本音。(ライビュではしっかり直視させていただきました)

 

 

それにしてもとんちゃん扮する光忠は足が長すぎて驚くんだけど、違和感の無い長さ?長すぎるけどバランスいいみたいな??うーん伝われ。スーツちっくなのが更に。とんちゃん扮するスパダリ光忠はお母さん的で

お兄さん的で最高でした有難う。一家に一振りって感じかな。わたしも頑張ってるから頭撫でて。

 

 

ざっくりミュは花丸本丸に近くて、ステは活撃本丸に近いと思いました。どっちも好きだけど、ステ本丸の方が強そうではあるな?!色々と悩みを抱えてるけど…!!!ミュでは元の持ち主と接触してはいけないけど、ステでは接触はありなんですね、そこが驚きと新鮮さがあったし、わたしは元の持ち主と接触するのはありにして!!って思ったな…自分の正体を明かさなければ歴史が大きく変わることも無いだろうし、あわせてあげて!!元の持ち主の影響大きく受けてる刀剣男子!!って思いが強い。歌仙が元の持ち主である三斎様(あってるの?)に直接言われてるんだけど間接的に自慢の刀だって言われててねえ、そういうの観たいもっと観たい…!本丸の数だけルールとかもあるのかな…

 

 

カテコでの挨拶は歴史に残るTHE可愛いでしたね!!!歌仙のあいうえお作文最高に可愛い素敵上手いし、英語喋りたがるの最高。キャストとスタッフ合わせての人数を言ってくれるのも有難うだし、必ずアンサンブル含めて一人一人挨拶してくれるの有難う。

 

 

マチネ公演観劇→ライビュの流れはしっかり復習ができるので最高の流れだなと思いました。今後に生かしたいです。

 

ステ観劇後から軽率に伊達組に惹かれてます、助けて!