とにかく好きを詰め込む場所。

刀ミュ有難う人生 / 2.5次元で活躍する推しを追いかける記録たち

佐藤清光の話

先日、真剣乱舞祭2016のDVDが発売されまして、やっと観ることができたので、「佐藤清光が存在する限り胸の苦しさが止まらない」話をしたいと思います(自己満足)と、いうより??なにか今の気持ちを残しておかないとなんか整理できない・・・?から!

 

わたしはまだまだ舞台等の観劇歴が浅いのでアレだから今後どうなっていくかなんて全く分からないんですが、とにかく舞台を観劇しだして初めての感情が生まれたので、それをまとめたいなって。どこを普通の基準とするかわからないんですが、わたしの想像では何か舞台とかライブ・コンサートに夢中になってる人って、「観れて嬉しい」って感情が一番に来て、他にもう一回観たいとか、新作や再演嬉しい!ってなると思うんです。もちろんわたしもなります。でもわたしの場合は「観るたびに苦しい」「新作嬉しい!嬉しいけど、まじか・・・苦しい」「また観れる=また苦しい日々」みたいな感じなんです??いままでこうして何かに夢中になることがなかったもので(2次元以外)目の前に存在するがゆえの困惑的な??全ての嬉しい感情に「=苦しい」がつきまといます。それでも一番は観たいがくるので絶対意地でも観にいくのですが。

 

それを実感したのがらぶフェスですね。感極まったときとか、やばい通り越してやばいときとかは「キャー!清光ーーー!」とかではなく、「ひぇっ・・・」と息をのんでしまうわたしですが、らぶフェスはそのなかでも群を抜いてます。

 

佐藤さんを生で観たのは刀ミュ幕末ですね。そもそも清光は好きだけど推しではなかったし、佐藤さんはめちゃくちゃ人気だって存じていたのでハマるなんて思ってませんでした!(ひねくれた性格のため、主人公ポジは好きにならないタイプというか、うん・・・)でもまあ阿津樫山メンバーの写真見ただけで佐藤清光に目は奪われていたので、夢中になるのに時間なんてかかりませんでした、もはや秒。なんというか刀ミュ自体未知の世界だったので、芝居とライブの2部構成、ペンラとうちわ持っていいって。そこにいるのがもうアイドルと化した刀剣男子ですからね。

 

佐藤さんは印象的に、いい意味でのヤンキー味が感じられるのですが(そこが好き)清光ってどっちかっていうとジャンル違うじゃないですか??可愛い満載な清光。でも清光を徹底的に研究して、そして自分のものにして……どんなポイントがさにわの心を射抜けるかわかりきって演じる清光はもう破壊力Lv.99。佐藤さん、射抜く力すごきないですか??命中率というか、佐藤さんはどんなキャラも自分のものにできるのでは??その表現力未知数って感じ。個性的な俳優になりたい風なことをよく雑誌媒体で見ますが、なんか正にって感じですね(この時点でまんまと手のひらの上気味)佐藤さんが演じることで更に好きにさせてくれるというか

清光でいったらゲームで立絵だけなのに無限に広げてくれる清光像。感謝しかないです!!!!

 

新作もラブフェスも決まりましたし、いち早く佐藤清光をまた観たいものです

 

 

 

f:id:ka0000:20170501173203j:image

 

 

f:id:ka0000:20170501173212j:image