とにかく好きを詰め込む場所。

刀ミュ有難う人生 / 2.5次元で活躍する推しを追いかける記録たち

結局 佐藤さんにハマる話

 

お題の通り佐藤さんこと佐藤流司結局ハマった私の成り行き

 

別に唐突にハマったわけではないのだけれど、ハマる予感はしてたのだけど、わたしの中で、これはもうハマったことを認めておいたほうが身のためだな(?)って。

 

まだまだ2.5を追いかけ始めて日も浅く、ペーペーですが作品は追いかけても、役者単体で追いかけてたわけではないのです。分かりやすく言うと、刀ミュは佐藤清光ダイスキだったわけで推しを掲げていましたがしっかりみほとせも遠征して観にいきましたし、今後も刀ミュには行きます。刀ミュという一種のお祭りにハマってしまったのだから。佐藤清光が推しだからと言って、佐藤さんの写真集を買うことも今までの作品を漁ることも全くありませんでした。(ここはしっかり言い切ります。)もちろん好きだし応援はしてるんですが、他のキャストさんだったりとか気になる役者さんと同じ程度でハマるまではいかない感覚。SNS等見て楽しむ程度の軽いもの。

 

 

佐藤さん単体に物凄い爆発的な魅力やオーラがあることは、とっっくに気付いています。ただそれを直視すると危ないよ(?)という自分の中でブレーキがかかっていたわけで…………だって佐藤清光であれなのに、他の佐藤さん知ってしまったら今現在わたしの脳が佐藤さんに割いてるスペースじゃ多分足りない、絶対足りない(キャパオーバー的意味で)わたし佐藤清光以外の佐藤さんって未知なんですよね。ブレーキがかろうじてかかっていたので。ブレーキをかけた意味としては、いろいろ観たりする機会が山のようにある中で追いかけていく自信もないし、だからといって追いかけないのも嫌だ。わたしの人生が狂う予感がした。

 

 

でも最近気付きました。

今後も佐藤さんを応援していくに当たって、佐藤清光以外の佐藤さんを観る機会が増えるわけです。だって結局2.5次元ジャンルは追いかけるわけだし。佐藤さんは引く手あまた。どのジャンルの佐藤さんも爆発的魅力があるのに、それに魅了されないわけないしブレーキがどうのこうの云々言ってないで、佐藤さんにハマったことを素直に認めて、追いかけていったほうが楽しい!ゼッタイ!ってなったんです。(半分意地だったのかもしれません)

 

これから先、いろんな佐藤さんを観ていくわけだけど、えっこわいどうしよう(?)という悩みを1ヶ月近く悶々と抱えていたのですが、認めてしまおう!という結論に至ったのは《夢》です。ついに夢にまで佐藤さんが登場したのです。そのままの勢いでまだ手に入れてなかった写真集を手に入れようとVVへ行くのですが、これがまた買ってくれ!といわんばかりに入り口すぐに佐藤さんコーナーがあるんです。重版かかってすぐだったってことももちろんあります。これにはもう思わず「買います…」と呟いてから大事に抱えてレジに行きました。

 

そんなこんなで無事(?)佐藤さんにハマる(ことを認める)ことができました。 

f:id:ka0000:20170703083249j:image