読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく好きを詰め込む場所。

2・5次元を追いかける記録たち

ハイステ~勝者と敗者~感想

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」福岡2公演を観劇したのでその感想をまただらだらと!(観劇日は4/21ソワレ・4/23ソワレ)今回のハイステはIH予選で青葉城西高校に負けてしまうところでしたね。ちなみにハイステは前回の烏野復活から観劇しています。頂の景色はまだ観たことないです・・・観たい・・・。

 

f:id:ka0000:20170428231427j:image

 

前回は音駒との合宿と、対伊達高戦でしたが、今回は最初から最後までもうずっと試合でした!!ほんとすぐ始まるなって!OPの燕尾服姿の及川さんと、王様姿の影山がでてきたとき人形かと思いました、綺麗だし動かないし(笑)全体的にキーワードとして「セッターは指揮者みたい」「風」がメインとしてあって、「俺たちはちゃんとみんな強い」があげられるかな?と思ってます。「セッターは指揮者みたいだよな」的なことを漫画では烏養さんが割りとサラッと言ってるんですよね?それなのによくここまで全体的にその言葉だけでまとめられたなっておもいます(悪い意味ではなく)OPだけじゃなくて、試合中のシーンでも割りとセッターが指揮してるのが分かるし多いです。そこまで音楽会する?って1回目は正直思いましたけど、なんかOPもう1回みたいなって思うし、指揮してるときのセッター陣可愛いですよねなんといっても・・・。ちなみにわたしはハイステでスガさん推しになりました!漫画読んでる段階ではこの人!って決めるの難しいし迷っちゃうんですけど(結果:みんな好き)OPで各キャラが楽器を演奏してる風に紹介されるのかっこいい~~そしてみんな楽器似合う!あと思ったのは全体的に音駒2人は贅沢な使い方されてるな~~(笑)でした。なんといっても半分以上、女装ですから!黒尾が女装しててもごりごりの男なのも面白いけど、それでいて女性より女性らしい仕草してるのがおもしろいです、完璧(笑い)

 

楽しかったし、面白かったけどぶっちゃけ、どこみていいかわかんなかったのが正直な感想・・・。ずっと試合してるから、ずっと青城と烏野メンバーがステージ上にいるんですよね?+監督たちとか控え選手とか。必死で背番号追いました(笑)あと全体的に試合なのは分かるんですけど、中盤では「これはダンスミュージカル・・・?」って錯覚がはじまりました。ほんっとにそれくらいのダンス量。試合よりきつそうな印象。あとは影山と日向がめっちゃ飛ぶシーン(ワイヤー?ゴム?)はさすがにもう「いやいやすげえ・・・」って思いだけでしたね!!ワイヤー多かったよね日向・・ナチュラルに「おおぉ・・・」。前回の対伊達高戦でのラップも相当度肝抜かれたけど、今回のダンスの多さにも度肝抜かれた・・・。あと「風」ってワードがよくでてきて(夢の中での研磨とのやりとりとか)なんのこと??って最初めっちゃおもった(笑)烏野のめっちゃアップテンポのダンスに比べて青城は余裕のあるしなやかなダンスなんですよね・・・?(途中、布もって踊りだしたときは何事かと思いました)そういうところにも風なのかな?とか、うーん難しい。いや面白かったんだけど!!!それよりも驚いたことが多すぎて!!!(笑)最後の負けた瞬間のシーンとかは感動しました。結局スポーツ系は感動しやすくなってしまうので、勝っても負けても感動します。

 

驚いたことといえば、影山がトビウオのコスチュームで指揮しだしたときは笑いました。達成くんめっちゃ楽しそうなの!トビウオ着てるのに!全体的に苦しそうなシーンが多かったのですごく印象的、何回も観たい。今回初めてスガさんの試合での見せ場ですけど、最初の「1本きってくべー!」でつられて笑いました。ほんっとに笑顔が似合う可愛いスガさんそのもの。みんなとの接し方とか、すごく観てて笑顔になれる。指揮してるシーンもすごく楽しそうで可愛かった、嬉しかった。ああああ~~スガさんん(語彙力)スガさんといえばブロマイド2枚目の破壊力すごくなかったですか・・・?取り出した瞬間息をのみました。ほんとになんかもう推しとかじゃなくても手元に1枚置いておくことをお勧めいたします(?)ツッキーが所見でツッキーすぎて驚いたんですけど、今回セリフすくなかったような・・・?でもあのフェイントのシーンは、そうやって表現するのか!!と新鮮な驚きでした。1回目観劇から薄々気づいてたんだけど青城の松川と花巻がなぜか気になってめちゃくちゃ目で追いました(笑)!!ぶっちゃけハイキューで青城ってわたしの中で特別推すキャラいないんですよね(みんな魅力的で人気の多い学校ではあるんですけど好きなんですけどスミマセン・・・)花巻は単純に髪色が目立ってたから見つけやすかったからだと思うんですけど、松川松川ってなんで??って自分でも謎だったんですが、その理由がわかりました。パンフレットを見たんですが松川だけ膝のサポーターはめてないんですよね?そして立ち姿が本当に好み!!!好みの問題でしたタイプの問題(笑)青城ってみんな割とまっすぐ立つじゃないですか?目立ちすぎる個性ではないというか、そんな中で松川めっちゃ怠そう!!すっごい怠そう!!そういうのほんと好き・・・めっちゃ好き・・・おかげで2回目の観劇は松川ばっかりみてました。新たな推しができた気がします〜〜!!

 

ハイステってほんとみんなキャラクターそのもので観ててびっくりするよなー。アニメ観たとき、声に違和感覚えるときもあります(笑)ウシワカの影をちらつかせたってことは、白鳥沢やりますよね・・・?お願い!!そのまえにボクトさん達かな~~お願いだ見たい!

 

福岡ってこともあって、音駒2人の幕開けの会話も福岡ネタメインでしたね!めちゃくちゃ可愛い。研磨役の永田さんは親戚の方が観にきてたそうで、それも話してました。手を振る研磨が可愛い可愛い〜〜福岡千秋楽では裏でみんなが笑ってるっていちゃもんつけてた2人が可愛かった!あの2人は普段から仲良しだそうでとても微笑ましい全部ナチュラル。研磨と言えば、急に始まる青城のコントで矢巾に告白されてましたね(笑)断ってましたけど(笑)!あれ急に始まるの面白い・・・。あとカーテンコールの須賀さんと達成くんの挨拶も福岡美味しいものたくさんあるネタがメイン!あとは永田さんがお母さんが買ってきてくれた明太子を楽屋で食べてたよって話を聞いた達成くんが俺もらってないってすねるのも、それにあとであげるって答える永田さんも、それにた〜↑か〜↓と〜〜↑って笑顔でくねくねして言うの面白かったし可愛かった(笑)!!!なにあの可愛さ?!メインストーリーじゃないところの記憶の方がめっちゃ多い(笑)東京凱旋が始まったばかりですが最後まで怪我なく頑張って欲しいです〜!!(あわよくば次回作の発表早く欲しい)

 

 

 

みほとせ刀剣男子 感想

f:id:ka0000:20170426073252j:image

 

刀ミュみほとせの感想をただひたすらにだらだらと書いたんですが、ここは刀剣男子ひとりひとりの感想を覚え書きで残しておきたいと思います。

 

石切丸役:崎山つばささん

とにかく阿津樫山から美しさはとんでもなかったとおもんですが、それはもう天下五剣なみ。でもそれよりさらに美しくなっていたと思います!!あと今回は隊長ということもあって、言葉にしにくいんですが、人間により近くなっていた気がします。阿津樫山のときもほかの刀に比べたら、人間としての感情を持ってる気がしたんですが・・・。(今剣に対してのまなざしとか、清光への態度とか)家臣に成り代わるとか、育てるとか、なんか言葉にできないんですけど(ポンコツ感)一人で何もかも背負っちゃうところとか、あああ~~~石切丸~~~ってなりました(?)最後のすべての遠征任務が終わった後、みんなの似顔絵を描いてるところとか、めっちゃ音楽も小さくて静かな空間だったじゃないですか、その時の石切丸の顔が、どことなく寂しそうなんだけどでも幸せそうな、ウンウンってなりながらみてました。清光や三条のみんなの輪にはいったとき、次は石切丸がどんな顔をするのか楽しみです。そして2部、なんかめちゃくちゃ髪型かわいくなかったですか??あと物吉くんとのデュエット破壊力やばくなかったですか??かわいすぎました。全体的に美しくてかわいい石切丸でした。そして、崎山さんのブログめっちゃ楽しくて好き。(でも千秋楽後のブログは反則だった・・・感動した)

 

f:id:ka0000:20170426073306j:image

 

にっかり青江役:荒木宏文さん

今でもですが特撮が大好きでして、わたしの特撮全盛期のころゲキレンジャーでレオ様役でしたね・・・あれほど色気があってかっこいい敵役はほかにはもう知りません。そんな荒木さんに刀ミュで再会するとは思いませんでした。にっかり青江ってとても難しいキャラクターだなって勝手に思ってるんですが(全員難しいのはわかるけども)脇差なんですよ??ほかの脇差と違いすぎる・・・そして村正とは違った意味で妖艶な感じがします。一歩引いてみてるようで、物事に率先して参加してるような微妙な立ち位置。そこまで言葉数は多くないのにとても存在感ある雰囲気。とてもにっかり青江で、ああにっかり青江だって、スッとはいってくる感じでした。どこかのインタビュー記事で読んだのですが「刀ミュは歌もダンスも芝居も全部ある。力試しのつもりでオーディションを受けたけど、にっかり青江だから僕が選ばれたのかな」とざっくりまとめるとこんなことをおっしゃっていました。ほんとににっかり青江のことを研究しているんだなって…!あと、とにかく笑顔がかわいいです。にっかりって言葉が似合う!あと、歌うまいです。みんなうまいんですけど。ほんとに可愛くキラキラしてました最年長とは思えない・・・恐ろしい。あとあやっぱりスタイルが2次元。本当にスタイルが2次元(何度でもいう)

 

千子村正役:太田基弘さん

言わずもがなわたしがどっぷハマって帰ってきた村正。太田さんが演じてくれたからこそどっぷりハマったんだと思います。というか村正にハマった人絶対多い!無意識に目で追ってしまうって感じ。一種の暴力的な感じ(?)ほんとに最初出てきた時から釘づけで、歌うんですよねソロで。はあ???ってため息にも似たものでましたよね。見せつけるように太ももだすじゃないですか~~まんまとその挑発乗りました。村正に対する偏見がわたしのなかであったので(ごめんね)あんなにお茶目でかわいいと思ってなかったんですよね。みんなが並んでる、比較的まじめなシーンなのに一人だけキョロキョロとなり見てたり、何回も立ち位置変えてみたりとか・・・。もうほんっとにかわいい!!ほんとに可愛いの大好き、おかげで村正がもう全部好き!!(帰宅後、本気で村正手に入れるために宝箱あけました)みんなに一列で並ぼうって誘ってるところとか、とにかくみんなをからかって追い掛け回すところとか・・・つめの先から頭のてっぺんまで馬鹿みたいに可愛くて愛しすぎた!!!!あと、歌・・・だからもうほんとにみんなうまい。あと禊とか見てる感じほんとに無茶ぶり多くしてますよね??楽しそうにアドリブれてる。禊の突っ込みとかほんと可愛いし・・・。2部衣装で脱ぐ直前、前に出て脱ぎまショウカ?っていうのもかわいいよね・・・。わたしの推し一軍入りです。ありがとう村正。わたしの待ちうけは村正になりました。

 

蜻蛉切役:spiさん

らぶフェスで誰が演じるか発表があったとき、んっ異国の方?って思ったの覚えてます、第一印象。でもだからこその体格とか、顔つきとかがほんっっとにあの蜻蛉さん。というかまず体格とか佇まいがそのものでしたよね??わたし蜻蛉さん大好きなんです。「主が帰還なされたぞ」とか、審神者に対する姿勢がとにかく好きなんです。隣にいてくれたら心強いなあって。spiさんの演じる蜻蛉さんはほんとそういうのが全部詰まってました。キャストさんのツイッターとか見る感じお父さんポジションなんですよね??わかる〜〜もうほんとわかる〜〜。spiさんよくツイッターとかで「自分はここに いつでもお声をかけてください」って書くんです。公式サイトのブログとか・・・それってもうずるいなって思います!蜻蛉さんがみんなにどういう風に求められてるかめっちゃ分かってるからできるし、それをやっててもナチュラルすぎて違和感無い感じ。とにかくなにをしてても違和感ない・・・。あと2部のソロで蜻蛉さんが歌い始めたとき、本気でアーティストのライブと間違えたっけ?と思いました。アーティストよりアーティストでした(?)わたしが観劇したとき、禊が蜻蛉さんだったんですが、自分でお題を出して自分にあたってました(笑)お題がそのときペンラのこと「ぺろりん棒」って言ってて村正に「なんかいやらしい言葉ですね」ってからかわれてましたね・・・というより会場全体からからかわれてました(笑)その後すぐに「ぺこりん棒」ってあわてて訂正してたの可愛かったです。禊も投げキスめっちゃ可愛かったです(あの体格の良さで可愛さもでるってすごくないですか?ずるい)

 

倶利伽羅役:財木琢磨さん

なんかもうどえらい人気でしたね・・・。キャラ発表の時点ですっごい悲鳴みたいなもはや地響き。わかりますなんか伊達組っていいですよね好きです。まさかミュに倶利伽羅くるってわたし思ってなかったです、こんな早くに。缶バッチの交換もほとんど皆さん「求:倶利伽羅」って書いてらっしゃって、交換できなくてごめんねって思いながら見てました(でませんでした)佐藤清光のときと似た感じでしたね。馴れ合うつもりは無いって言いながらも、結局はみんなの助けにはいってるところとても良かったです。半分はなすがまま感ありましたね(笑)馴れ合うつもりでいっぱいな村正が馴れ合うつもりのない倶利伽羅にグイグイ絡んでるところとても好きだった~~永遠にみていられる・・・。2部どんな風に歌うの??って思ってたし、ファンサとかするの??って思ってたけど、全部100点でした。他の刀剣とか今までの刀剣男子に比べて倶利伽羅のはファンサとは呼べないのかもしれないけど(笑)倶利伽羅のファンサとしては120点でした。というか、そういうファンサが存在するのかと新しい気持ち。そして歌声がめちゃくちゃ優しくて驚きました!!!みほとせメンバーが決まってからキャストさんのツイッターとかは極力追うようにしてたんですけど、初日迎えても写真なかなか載せてくれなかったんですよね、写真載せるの禁止になったのかなとか思ってたんですけど、最初に載せたの財木さんでしたね!!それはもう大倶利伽羅。公式のキャストブログとかみても大倶利伽羅らしく、馴れ合うつもりのない書き方で少しほほえましかったです。

 

物吉貞宗役:横田龍儀さん

欲しくて欲しくてたまらない物吉くん。他の刀が大きくて曲者が多いということもあってか、かなりちょこまかした可愛いけどしっかりしてるって印象。国広とはまた違ったちょこまか感と世話焼き感。常に笑顔でみんなもつられて笑っちゃうの分かります。蜻蛉さんとかに説教染みたこと言ってるところとか、最後のシーンなんてとても感動しました。元主と大きく関わるお話でしたけど、前回の幕末のときの安定とは違った関わり方でしたね。でも物吉くんがいたからこそ、おおやって子供の頃から育てることが出来たし、最後まで看取ることができてよかったねって思いました。本来はいけないことだとしても。稽古期間中のブログとかツイッターとか見る限り、かなり緊張して苦戦してる風なこと書いてましたけど、大変だっただろうな~~でも物由くん演じてくれて有難う最高に可愛かった!2部の衣装は本当に露出が少なくて(笑)でも全体的に大人っぽい雰囲気の2部のなかでは可愛さが際立ってました!!村正にかなり絡まれてるときの本気の「何で僕ばっかり~~」が忘れられません。本気で言ってるのが伝わるからなおさら可愛かった・・・!お題を復唱するときも可愛い。とにかく全部可愛い。早くわたしの本丸にも来てね、刀ミュキャラでは物吉くんだけ手に入れてません。(のんびりしてるから仕方ない・・・)

 

まただらだらと長々と、自分の好きだったところを書いてしまったけど、結果全員好き(まとめ)

 

メモ:今後の観劇予定

今後の観劇予定を自分のメモ代わりに

7/14 舞台刀剣乱舞 義伝 暁の独眼竜

 

決まり次第 随時更新

ミュージカル刀剣乱舞〜三百年の子守唄〜

ミュージカル刀剣乱舞〜三百年の子守唄〜国内千秋楽おめでとう〜;;ひとこと言うとしたらありがとうけんらんぶ!!これに尽きる!観劇レポではなく感無量な興奮を思い出しつつの覚え書き程度で!

 

まず初めての1人遠征、同行者様募集と初めて尽くし…初アイアでした、これは後ほど。あっあとにごかふぇにも行けました!念願〜!f:id:ka0000:20170425005331j:image

 

新作で千子村正がでるって聞いた時は正直なところ「わたしは村正は推さない、推す事がない(断言)」だったんですよね??もともと筋肉ガチガチが苦手でして、キャラ実装当初から興味は持っていませんでした。でも刀ミュという一種のエンターテイメントに魅了されてしまったわけで、推しが出る出ない云々ではなく、刀ミュが好きだから新作にも行く!(ライビュがある日がハイステの日と被ってしまってライビュ観劇ができないと決まっていたこともあるらぶフェスからみほとせが始まるまで早かった!早かったですよね??あれっもうはじまるの??みたいな。※この時点で誰を推すか決まっていません。初日からレポ等あさりまくってワクワクがとまらなかったんですけど、だんだん気付いてしまったんですよね??太田基裕が演じる村正の破壊力に。まず写真をみて一言「やばい」レポをみて一言「もう無理だ」推す事がないと断言までしてた村正に観劇前にハマってしまうんですよね・・・。村正は私の本丸にはいなくて、興味が無かったということもありどんな刀か全く知らなかったんですね。(もちろん観劇後、必死で村正手に入れました)騒がれている通り変態なんだな?ということくらいしか。結局うまれてはじめてファンサ用のうちわを作成致しました。もちろん村正。裏面は石切丸で!

 

観劇したあとの感想は「・・・・ありがとうけんらんぶ」結局コレにつきました。というかそれすらも言えてないかもしれません。言葉に出来ない感無量感!!!なんというかキャストの年齢層が高いこともあってかかなり大人な雰囲気の刀剣男子たちでした。ここで言いたいのが村正がどんな刀かわたしは誤解していたということ!脱ぎまショウカ??な脱ぎたがり変態であるしか知らなかったんですが、わたしの解釈としては「妖刀であるがゆえに、良く思われていない自分を理解したうえで、脱いで丸腰になって自分は安心安全な身ですよと訴えたい」のかなと・・・。だから脱ぐ脱ぐいうのかなと。レポを見る限り同じような考えの人はおおくいました!そしてほんっっっとに可愛い!!!!クネクネする歩き方とか、めっちゃ太ももみせつけてくる感じとか、とにかくおちゃめで可愛い!!(タダの変態って思っててごめんね村正)太田さんすごいなとすっかり虜になりました・・・。言わずもがなほかの刀剣男子たちも、石切丸はめちゃくちゃ綺麗さ増しててすごかったし、はあ??ってなりました。全員分まとめて別記事に書きます、わたしの思い(?)あと、全体的に歌唱力がハンパなくカンストって感じでした。(2部の蜻蛉さんとかアーティストかと思った)お話の内容的には歴史分かってないときついかなと思ってたんですが、歴史曖昧なわたしでもしっかり理解できました。めちゃくちゃ長い遠征だよね??とても感動しました。2部は露出はそこまでなく、やっぱり大人な雰囲気でわたしは好きでした。(キャーキャーするのはすきですが、目に見えてキャーというのは出来ないタイプなので。飲み込むようにキャーキャーしてます?)これはほんとに早くDVD欲しいし、歌も聴きたい・・・。ライビュ観たかった、あと3回は観ないと落ち着かない今すぐ。ほんとうに行ってよかったなと思いました。ガチャガチャしない予定だったのにまんまと沢山回して、村正ゲットして、ブロマイドまで購入しました。

 

ただただ長い感想みたいになってしまったけど、国内千秋楽おめでとうございますーーーー!そして新作公演と真剣乱舞祭2017も決定;;情報過多で苦しかったですが、全て喜びの種なので嬉しいです!今から刀ミュ貯金を始めたいと思います!らぶフェスがどこまでの刀剣男子がでるのか気になりますが・・・結局チケットは欲しいです。頑張ります。

 

初アイア、行く前にアイアについて散々調べました。わたしはいつもキャナルの劇場観劇が多いのでとても居心地いい椅子に座ります。アイアについて調べたときプレハブ感とかもう沢山なマイナスな情報を見ましたが、ほんとにそのままでしたね(笑)!お尻も痛かったです!でもそれより念願でもある初アイア、やっぱりテンションあがりました。ここにまた来るぞ!と思いました。

 

f:id:ka0000:20170425134204j:image

 

 

はじめに

唐突に、それはもう唐突に2.5次元に夢中になり追いかけ始め、せっかく色々なミュージカルや舞台を観てるのにそれを記録しないのは勿体無い!ということでそれはもう唐突にブログとして記録を残していこう!という流れで(半分勢い)作ったブログです。そこまで頻繁に観劇するわけでもない、文章を上手く書けるかも分からない比較的ゆるいものとなりますが、こうして記録することをお許し下さい(?)

 

まず、わたしは観劇歴はまだまだです。1年ほどなのでそこまで多くのものは観てません。2.5次元はテニミュを学生時代に友達から借りてハマッて観ていましたが、自分から観にいこうとまでは行かず・・・DVDで楽しんでた程度でした。ハマるきっかけは恐らく、「東京ワンピースタワー ライブアトラクション」ではないかと自分では思っています。(あやふや)というのも、少年漫画がずっと大好きでして、中でもワンピースはぐんを抜いて好きなのです。(波はある)ワンピースタワーのうわさは知っていましたが、なんせ地方在住なため、なかなか東京まで足を運ぶのが難しい。そしてそのころはあまり2.5次元に対して好印象!とまではいかなかったので・・・自分の推しが思ってたのと違ったら嫌だから!でも去年の春、キャストも話の内容も変わるということで、これはもう行くしかないといってきました。

 

結論:めっちゃ良かった めっちゃ好き

 

ワンピースタワーは声はアニメの声優さんの録音で、キャストは皆口パクで演技しているといった感じです。なので声とか口調には違和感を覚えるはずがありません。まあーーー何といってもキャストの皆さんめっちゃ似てるので・・・サンジくん実在したんだ、ほんとにタバコくわえて戦うんだとか訳の分からないことを考えながら帰ったのを覚えてます。(帰ってきてすぐ次のタワーの日取り決めました。)

 

そしてどっぷり2.5次元というジャンルに魅了されて、調べ始めるわけですね。どんなものがあるのか。テニミュでとまってしまってるんですから(初代~2代目)ワンピースタワーのキャストを基本的に追いかけてみてたんですけど、皆さんいろんな舞台やミュージカルに出演が決まるわけですね。そして興味を持ったのが「ミュージカル刀剣乱舞」そこがもうはじまりです。その頃丁度、とうらぶのポケット配信がされ始めて少したった頃で、友人にすすめられてし始めたんですが、それにまたはまってしまった・・・!!!とうらぶも好きになってしまい、どんどん刀ミュに行きたい熱が膨らみ始めた頃、加州清光役 佐藤流司さんと、石切丸役 崎山つばささんのツーショットをみたんです。もう衝撃でした。ここまで美しい人がいるのかと、ここまでキャラクターによせることが出来るのかと・・・!(この時点で刀ミュはまだ観た事ないのになぜかすっかりハマる)それからはもう、チケットを取るために必死になり、配信やDVDで刀ミュばっかり観てました。そこからわたしの観劇趣味がはじまりました。

 

といっても、基本は刀ミュを、そして好きな作品ハイステは地方でもやってくれるんでありがたいです。あとはペダステも配信で観たりしました。所詮はその程度・・・なのですが、せっかく楽しみが出来て楽しんでるわけなので記録に至ったという経緯です。とてもダラダラと書いてしまった感は否めませんが・・・!何か思い返したいときに役に立てば良いなと思った完璧自己満ブログです(重要)!